携帯版 トレーダーズショップへようこそ。 国内送料無料 info@tradersshop.com
題名で    お買い物かごを見る   ご注文状況    ご利用方法  FAQ

新着 8月5日更新

■投資戦術

短期売買 デイトレード
スイングトレード
スキャルピング
システム売買
テクニカル
一目均衡表
酒田五法
フィボナッチ
エリオット波動
トレンドフォロー
逆張り
アノマリー 裁量
ファンダメンタル
成長株 決算書 FAI
さや取り 資金管理
心理 行動心理学
危機 占星術 格言

■対象市場・商品

オプション 225先物
FX (為替) CFD
商品先物 ゴールド
中国株 海外投資
不動産投資
ポーカー

■人物

相場師朗 アンディ
小次郎講師
林知之 増田丞美
W・バフェット
W・D・ギャン
B・グレアム
ジェシー・リバモア
R・A・メリマン
W・J・オニール
ジム・ロジャーズ
ラリー・ウィリアムズ

■製品・サービス

セミナー DVD CD
メタトレーダー (MT4)
ソフトウェア レポート
雑誌 定期購読
小説・読み物
漫画 ゲーム 場帳
オーディオブック
 聞くには
アウトレット 9割引

■その他

新着 初心者向き
信用取引
金融工学
他店で入手困難
ブルベアグッズ

トップページ
電子メール
事務所のご案内
法定表示等
a@panrolling.com

フィスコ投資ニュース

配信日時: 2019/12/12 13:32, 提供元: フィスコ

対中制裁関税発動の行方と経済イベントに注目 住信SBIネット銀行(三井智映子)

*13:32JST 対中制裁関税発動の行方と経済イベントに注目 住信SBIネット銀行(三井智映子)
皆さん、こんにちは。フィスコマーケットレポーター三井智映子です。まずは、先週のマーケットを振り返ってみましょう。

先週のダウ平均とナスダックは小幅に下落、S&P500は小幅に上昇と、NY市場はまちまちの値動きでした。12月2日に発表された米11月ISM製造業景況指数の結果が市場予想より悪化したことや、トランプ大統領が米中協議の部分合意に関し「2020年度の大統領選後まで延期できる」との考えを示したことで、11月の相場を牽引していた米中協議合意への期待感が後退し、NY市場は軟調な展開が続きました。

しかしクドロー国家経済会議委員長が「米中協議について第一段階の合意は間近」との認識を示したことがポジティブ視されたほか、11月雇用統計で非農業部門雇用者数が26万6千人増と市場予想を大幅に上回ったことから、週末6日の米主要3指数は揃って今週の下げを取り返すような上昇を見せました。

さて、今週のマーケットはどうなるのか?チェックすべきポイントについて住信SBIネット銀行の「ウィークリーレポート」を見てまいりましょう。

まずレポートでは『各国経済指標発表などのイベントが目白押しとなる中、荒っぽい値動きも予想されます』と伝えています。

具体的には、『先週末の米11月雇用統計に対する反応、FOMCやECB理事会のほか、トルコ中銀やスイス中銀政策委員会を受けての反応、英議会選挙の結果に対するポンドの動き、12月15日のトランプ政権による対中制裁関税発動の延期・凍結をはじめ米中通商交渉の動向、その他、日本7-9月期GDP改定値や日銀短観、米11月小売売上高、独12月ZEW景況感指数など』を注目イベントとして挙げています。

特に、12日に英議会選挙を控えるポンドについては『既に与党・保守党の単独過半数獲得や来年1月末までの秩序あるEU離脱を織り込んで対ドル対円で上昇していることから、一段高となるのか、利益確定売りが優勢となり反落するのか注目されます』と考察しています。

また、10-11日開催の米FOMCについては、11月雇用統計の結果を受け、『前回の声明文を踏襲すると思われ、反応は限定的に留まると思われます』と推察しています。

さらに、『ラガルドECB総裁にとって初のECB理事会』については、『緩和継続の必要性をどの程度強調するのか、理事会内部での緩和政策の限界説や財政政策の待望論が囁かれる中、ラガルド新総裁がどのように内部をまとめるのか、手腕も含めてユーロの反応が注目されます』と伝えています。

そして米中通商交渉問題については、『第一段階の合意に向けた具体的な進展が見られるのか、年末年始に向けたドル/円の方向性を決定付ける最大の焦点になると思われます』と注目しています。『15日に発動される予定のトランプ政権による対中追加制裁の延期・凍結』の可能性なども探りつつ、ドル/円は『状況次第では108円台前半への下落の可能性から109円台半ばへの反発の可能性も想定されます』と考察しています。

参考にしてみてくださいね。

上記の詳細コメントは、住信SBIネット銀行サイト内の「ウィークリーレポート」にまとめられていますので、ご興味があればご覧ください。

フィスコマーケットレポーター 三井智映子



《CN》

記事一覧

  • 2020/08/05 19:01:欧州為替:ドル・円はもみ合い、欧米株高でリスクオン
  • 2020/08/05 18:15:日経平均テクニカル:3日ぶり反落、下落圧力残るも25日線上キープ
  • 2020/08/05 18:13:欧州為替:ドル・円は伸び悩み、ユーロ・ドルは上昇
  • 2020/08/05 18:00:5日の香港市場概況:ハンセン0.6%高で続伸、ハンセン科技指数は1.5%上昇
  • 2020/08/05 18:00:個人投資家・有限亭玉介:コロナ禍のDX関連やAI関連に注目【FISCOソーシャルレポーター】
  • 2020/08/05 17:45:日経平均寄与度ランキング(大引け)〜日経平均は3日ぶり反落、ソフトバンクGとヤマハの2銘柄で約76円分押し下げ
  • 2020/08/05 17:43:DeNA、21年3月期第1四半期は大幅増益、PTSで大幅高
  • 2020/08/05 17:40:5日の日本国債市場概況:債券先物は152円40銭で終了
  • 2020/08/05 17:31:TDCソフト---1Qは営業利益が29.1%増、受注案件が堅調に推移
  • 2020/08/05 17:25:欧米為替見通し:ドル・円は下げ渋りか、低調な米経済指標もクロス円の上昇が支援
  • 2020/08/05 17:04:東京為替:ドル・円は下げ渋り、午後はドル売り一服
  • 2020/08/05 17:03:5日の中国本土市場概況:上海総合0.2%高で4日続伸、政策期待でITハイテクに買い
  • 2020/08/05 16:54:マザーズ先物概況:続伸、EC関連や在宅ワーク関連が先物をけん引
  • 2020/08/05 16:47:JASDAQ平均は続伸、愛知の緊急事態宣言で巣籠もり関連銘柄が上昇
  • 2020/08/05 16:46:
  • 2020/08/05 16:42:ソニー、良品計画、ファーストリテなど
  • 2020/08/05 16:40:新興市場銘柄ダイジェスト:アクモスは急落しストップ安、イメージワンがストップ高
  • 2020/08/05 16:37:【大引け後 決算速報(コンセンサス上振れ)】
  • 2020/08/05 16:29:マザーズ指数は3日続伸、1か月以上ぶり高値、VEGA大幅高
  • 2020/08/05 16:28:日経VI:上昇、市場心理は次第に改善し上げ幅縮小
  • ■投資ニュース

  • 2020/08/05 19:01:欧州為替:ドル・円はもみ合い、欧米株高でリスクオン
  • JPXに移管「商品先物」ランキング (07/17更新)

    バックナンバー

    先物市場のテクニカル分析

    1. 先物市場のテクニカル分析
    2. 指数先物の高勝率短期売買
    3. 先物市場の高勝率トレード
    4. 日経平均VI入門
    5. 先物の世界 相場開眼


    ■特集

    総合ランキング
    DVDランキング
    オススメの一冊
    無料メールマガジン
    読者の御意見
    用語解説
    投資のススメ
    著者の投資コラム 携帯待受画面
    シカゴ絵日記

    カタログ: PDF (23MB)
    Updated!
    紙のカタログ請求

    提携プログラム
     ウェブサイト、ブログを
      お持ちの方、紹介料率
      最大20%!


    オーディオブック無料視聴

    Podcast RSS配信

    ポッドキャスティングの受信ソフトにこのバナーのアドレスを登録すると、新しいオーディオブックが更新された時に自動でダウンロードされ、より便利にお楽しみいただけます。このアイコンをiTunesにドラッグ&ドロップすると自動的に登録されます。