携帯版 トレーダーズショップへようこそ。 国内送料無料 info@tradersshop.com
題名で    お買い物かごを見る   ご注文状況    ご利用方法  FAQ
このページの携帯版

新着 10月6日更新

■投資戦術

短期売買 デイトレード
スイングトレード
スキャルピング
システム売買
テクニカル
一目均衡表
酒田五法
フィボナッチ
エリオット波動
トレンドフォロー
逆張り
アノマリー 裁量
ファンダメンタル
成長株 決算書 FAI
さや取り 資金管理
心理 行動心理学
危機 占星術 格言

■対象市場・商品

オプション 225先物
FX (為替) CFD
商品先物 ゴールド
中国株 海外投資
不動産投資
ポーカー

■人物

相場師朗 アンディ
小次郎講師
林知之 増田丞美
W・バフェット
W・D・ギャン
B・グレアム
ジェシー・リバモア
R・A・メリマン
W・J・オニール
ジム・ロジャーズ
ラリー・ウィリアムズ

■製品・サービス

セミナー DVD CD
メタトレーダー (MT4)
ソフトウェア レポート
雑誌 定期購読
小説・読み物
漫画 ゲーム 場帳
オーディオブック
 聞くには
アウトレット 9割引

■その他

新着 初心者向き
信用取引
金融工学
他店で入手困難
ブルベアグッズ

トップページ
電子メール
事務所のご案内
法定表示等
a@panrolling.com

フィスコ投資ニュース

配信日時: 2022/08/13 15:00, 提供元: フィスコ

為替週間見通し:下げ渋りか、米金融引き締め継続でドル売り抑制も

*15:00JST 為替週間見通し:下げ渋りか、米金融引き締め継続でドル売り抑制も
【今週の概況】
■米インフレ鈍化でリスク選好的なドル買い縮小

今週のドル・円は反落。複数の米連邦準備制度理事会(FRB)当局者が金融引き締めに対するコミットメントを表明したものの、7月の米消費者物価指数(CPI)と米生産者物価指数(PPI)はいずれもインフレ鈍化の兆候を示唆しており、次回9月開催の米連邦公開市場委員会(FOMC)会合での0.75ポイント利上げ観測は後退。ドル・円は週初に135円58銭まで買われたが、インフレ鈍化の思惑でドル買い・円売りは縮小した。

12日のニューヨーク外為市場でドル・円は、一時133円89銭まで買われた。この日発表された8月ミシガン大学消費者信頼感指数速報値は7月実績の51.5から上昇し、同指数の5-10年期待インフレ率速報値も上昇したため、リスク選好的なドル買いが観測された。ドル・円は133円50銭でこの週の取引を終えた。ドル・円の取引レンジ:132円03銭−135円58銭。

【来週の見通し】
■下げ渋りか、米金融引き締め継続でドル売り抑制も

来週のドル・円は下げ渋りか。米インフレのピークアウトへの思惑から連邦準備制度理事会(FRB)による大幅追加利上げ観測は後退したが、他の主要中央銀行は金融引き締めのペースを緩める可能性があり、米国の金融引き締めの度合いは相対的に高まることになるため、ドルは売りづらい。8月10日に発表された米7月消費者物価指数(CPI)は、前年比+8.5%と予想の+8.8%を下回った。この結果を受け、次回9月に開催の連邦公開市場委員会(FOMC)では、利上げ幅を0.75ポイントから0.50ポイントに縮小するとの観測が広がっている。パウエルFRB議長はデータ次第と指摘しており、次回のFOMCまで7月小売売上高、7月コアPCE価格指数、8月ISM製造業景況指数、8月雇用統計などの経済指標を見極める展開となりそうだ。

FRBによる大幅利上げ期待の後退により、目先的にはドル売り・円買いがやや優勢となりそうだが、インフレ鈍化を明確に示唆するデータは十分揃っていないため、主要中銀の金融政策が手がかりとなり、ドルは下げづらい。米国株式が底堅い動きを維持した場合、リスク選好的な円売りが増える可能性があることもドル・円相場に対する支援材料となりそうだ。

【米・7月小売売上高】(17日発表予定)
17日発表の米7月小売売上高は前月比+0.2%と、6月の+1.0%から伸びは鈍化する見通し。個人消費の縮小が確認された場合、景気後退入りの懸念が再燃し、金利安・ドル安に振れやすい展開が予想される。

【米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨】(17日公表予定)
米連邦準備制度理事会(FRB)は17日、7月26-27日開催の連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨を公表する。次回9月会合で金融引き締めを緩める可能性が読み取れた場合、ドル売り要因となろう。

予想レンジ:132円00銭−135円00銭



《FA》

記事一覧

  • 2022/10/06 22:21:NY外為:ドル買い再燃、FRB追加利上げ織り込み長期金利再び上昇
  • 2022/10/06 21:39:ビットコインは2万ドル台で堅調推移、弱い米雇用関連指標で金利が低下【フィスコ・暗号資産速報】
  • 2022/10/06 21:55:【市場反応】米先週分新規失業保険申請件数、予想以上に増加、金利低下でドル売り
  • 2022/10/06 19:52:欧州為替:ドル・円はじり高、145円台を意識
  • 2022/10/06 19:05:欧州為替:ドル・円は高値もみ合い、ドルは売り買い交錯
  • 2022/10/06 18:15:日経平均テクニカル:4日続伸、直近急落の半値戻しクリア
  • 2022/10/06 18:13:欧州為替:ドル・円は上げ渋り、米金利にらみ
  • 2022/10/06 18:00:6日の香港市場概況:ハンセン0.4%安で反落、自動車と不動産に売り
  • 2022/10/06 17:38:NY金は1750ドルを目指すか サンワード貿易の陳氏(花田浩菜)
  • 2022/10/06 17:36:南アフリカランド円今週の予想(10月3日) サンワード貿易の陳氏(花田浩菜)
  • 2022/10/06 17:25:欧米為替見通し:ドル・円は伸び悩みか、米金利先高観も為替介入に警戒続く
  • 2022/10/06 17:07:グッドスピード---行使価額修正条項付第3回新株予約権の月間行使状況
  • 2022/10/06 17:05:東京為替:ドル・円は上げ渋り、144円後半で失速
  • 2022/10/06 16:45:6日の日本国債市場概況:債券先物は148円85銭で終了
  • 2022/10/06 16:39:新興市場銘柄ダイジェスト:リプロセルは大幅に4日続伸、KaizenPFが一時ストップ高
  • 2022/10/06 16:34:東証グロ−ス指数は大幅続伸、時価総額上位銘柄が上昇をけん引
  • 2022/10/06 16:19:東京為替:ドル・円は底堅い、米金利にらみ
  • 2022/10/06 16:17:日経平均寄与度ランキング(大引け)〜日経平均は4日続伸、ファーストリテと東エレクが2銘柄で約75円分押し上げ
  • 2022/10/06 16:06:米半導体株高を手掛かりに先物主導での買い戻しの動きが強まる【クロージング】
  • 2022/10/06 16:05:マザーズ先物概況:反発、ナスダック100先物が支援要因も様子見も強く
  • ■投資ニュース

  • 2022/10/06 22:21:NY外為:ドル買い再燃、FRB追加利上げ織り込み長期金利再び上昇
  • 「オーディオブック」ランキング (09/26更新)

    バックナンバー

    杉村富生の月刊株式マガジン

    1. 杉村富生の月刊株式マガジン
    2. オニールの成長株発掘法
    3. CD 相場技法抜粋
    4. CD ワイコフの相場成功指南
    5. 格言で学ぶ相場の哲学


    ■特集

    総合ランキング
    DVDランキング
    オススメの一冊
    無料メールマガジン
    読者の御意見
    用語解説
    投資のススメ
    著者の投資コラム 携帯待受画面
    シカゴ絵日記

    カタログ: PDF (1.3MB)
    紙のカタログ請求

    提携プログラム
     ウェブサイト、ブログを
      お持ちの方、紹介料率
      最大20%!


    オーディオブック無料視聴

    Podcast RSS配信

    ポッドキャスティングの受信ソフトにこのバナーのアドレスを登録すると、新しいオーディオブックが更新された時に自動でダウンロードされ、より便利にお楽しみいただけます。このアイコンをiTunesにドラッグ&ドロップすると自動的に登録されます。